So-net無料ブログ作成

数字が読めます [言葉]

ゆいちゃん1から10の数字を読めるようになりました。れいくんはどうだったか。忘れましたよね〜。次はかるたなんかを字を見ながらやっています。れいくんのかるたは、父のお葬式ぐらいのことだったので、4歳2ヶ月ぐらい。ゆいちゃんが今、3歳10ヶ月ですので、字を読むのはゆいちゃんがすこしだけ早いかもしれません。記憶ってのは、同じシグナルが連続して入ったときに形成されますので、時間を空けず繰り返すことが大切です。子どもの言ったことをただ繰り返すのが、モティベーション的にも効果があります。

神経衰弱 [言葉]

ゆいちゃん、このところ神経衰弱が好きです。昨日は三回もやらされました。れいくんも一時スターフォールのメカマッチをよくやってましたが、トランプでやるのはあまりなかったです。ゆいちゃんは、まだ数字を読めませんが、いつ読めるようになるか楽しみです。産休中にれいくんが駄菓子屋通いしていた頃は、英語で一から十まで言えるようになっていました。あれは、いつだったんだろうと。その後、英語が話せるようにはなってません。

2年生です [言葉]

早いもので、もう2年生です。今日から学童のスタッフが総入れ替え。指定管理者制度での管理業者変更のためです。引き継ぎは二ヶ月かけてやってくれてるとのことで、大丈夫そうかなと思っています。学校の成績はまあまあ。「目的や場面に応じて,聞いたり話し合ったりする]が「がんばろう」となっています。前期にがんばろうだった文字の読み書きは普通になってきたようです。家では漢字のポスターを貼ったぐらい。もともと本を読むのは好きなようです。ゾロリを全部読んじゃったみたいで、二巡目に入っています。

学どうをがんばる [言葉]

今度学童の本館である児童館で餅つき大会があるというので、実行委員に申し込むかどうか訊いてみたところ、「それは児童館だよ」だそうで、学童を頑張るのとは違うらしく、「どうやって頑張るの?」ときくと「はてな?」だそうです。以前も「遊びを頑張る」と書いて、自己評価満点とかしてたので、その類いのようです。とにかく学童クラブが好きなことは分かりました。お友達に訊いても、学校より学童が好きという子が多いです。

後期中間評価 [言葉]

れいくん、明日から冬休みです。ということで、また中間評価をいただきましたが、夏休み前からあまり進歩していません。今度はカタカナと漢字でひっかかっています。学校も学童クラブも大好きだから、まあよいかと思っています。家ではほとんど勉強なんてしませんが、ちゃれんじを一応やっていて、赤ペン先生だけは続けています。算数の難しい問題が好きです。話を聞かないも続いていますが、先生から見ても、本当に聞こえていないのか、他のことを考えているのか分からないとのことです。学校公開でクリスマスのお楽しみ会を見ました。マジックを披露してました。マジックはトライアングルのクリスマス会などで小さい頃よく見ていたので、それを思い出しながらやっているようです。相手にどう見えているか、どう伝わっているか考えながら表現する、ってのはよいことなのかも。

前期中間成績 [言葉]

そんなわけで、先日面談だったんですが、小学校は前期後期制なので通知表は無く、中間評価という紙をもらいました。細かいことは書かれてませんし、二段階評価ですが、話を聞くのは出来ることになっています。宿題で音読を毎日するのですが、若干発音に癖があるけど普通の日本語の範囲かなあと思います。ひらがなを書くが頑張りましょう評価でしたが、本を読むのが好きだし、要約も分かりやすくしてくれるので、問題ないだろうと思っています。

バイエルとそろばんの本 [言葉]

まだひらがなの書けないれいくんですが、何しろ数字が好きなので、バイエルとそろばんの本を買ってみました。バイエルの方は、右手と左手それぞれで、ドレミファソがなんだか分かったようです。そろばんは、繰り上げの無いみっつの数字の足し算から始まるので、そろばんを使わなくてもできるよねなんてやってました。すぐに関心が他に移ってしまいますが、気にせず行きたいと思います。ママはこれからちょっと中国語に挑戦。

時計読めます [言葉]

とけいの本を買ってから、1年と4ヶ月。やっと時計が読めるようになりました。5,10,15,20なんて数え方が出来るようになると、飛躍的に時計が読めます。かけ算が出来ているんです。次はそろばんとピアノに挑戦しようと思います。頭をあまり使わない、なぞるだけのドリルが、面白くないのだそうで、ひらがなはまだ書けません。アルファベットも同様です。

ろう学校進学について [言葉]

お耳友達から相談がありました。そろそろろう学校幼稚部への申し込みの期限なのだそうです。うちは、私が働いているし、れいくんの言葉に遅れも不明瞭もなかったので、幼稚部は考えたことは無いんですが、両側外耳道閉鎖の子は早期から補聴をしていたとしても私の知る限り3人に2人ぐらいの子が、2,3歳で言葉の遅れや不明瞭が見られるため、検討する方が多いようです。その後改善するようですが、介入すべきかどうか難しいところです。うちは、もっと先を考えるようにしています。例えば、大学は海外に行かせたいなとか。

かけ算しています [言葉]

れいくん、かけ算表を買ってきて、お風呂に貼っています。数字が好きみたいです。かんたんな足し算は出来ますが、引き算は今ひとつ。数えている間にいっこ狂ったりとかはよくあります。課題の「字を書く」は、あまり興味が無いようです。保育園の女の子のお友達は、手紙のやり取りをしているようです。ゆいちゃんは、絵本が大好き。昨日は恐竜辞典を持ってきて、名前を訊いてましたが、これが役に立つから覚えようとかそういうんじゃないんでしょうね。ゆいちゃんは急激に複雑な言い方をするようになってきて、「ママ何してるの?」などと言っていますが、同じぐらいのレベルのときに、れいくんの方が発音ははっきりしていました。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。